研究内容

薬剤耐性菌が増加すると、感染症に罹患した際に使用できる薬がなくなってしまいます。近年、食用動物由来薬剤耐性菌が食品を介して人に伝播するリスクについてさかんに議論されており問題となっています。1999年から農林水産省が行っている食用動物由来薬剤耐性菌モニタリングシステム(JVARM; Japanese Veterinary Antiicrobial Monitoring System)により、食用動物由来薬剤耐性菌の現状やその伝播については徐々に解明されてきています。しかし、食品、伴侶動物や環境由来薬剤耐性菌の人への伝播については良くわかっていません。当研究室ではJVARMで取り扱われない食品、伴侶動物や環境由来薬剤耐性菌の耐性メカニズムやその迅速診断方法を研究してきました。その結果、食用動物以外の薬剤耐性菌の伝播についても徐々に明らかになってきています。そこで、近年は疫学調査から薬剤耐性菌対策につながるような研究も行っています。

 

食品由来薬剤耐性菌に関する研究

食品由来薬剤耐性菌に関する耐性メカニズム及びその迅速診断法についての研究を行っています。対象菌種は大腸菌、腸球菌、サルモネラ、カンピロバクター、クロストリジウム等です。

 

伴侶動物由来薬剤耐性菌に関する研究

伴侶動物は人と密接にかかわることから、伴侶動物が人に薬剤耐性菌を伝播する可能性があります。そこで、伴侶動物由来薬剤耐性菌に関する疫学解析等を行っています。

 

環境内の薬剤耐性菌拡散メカニズムにおける衛生昆虫・動物の役割

環境中に存在する薬剤耐性菌が、人や動物に拡散する際の衛生昆虫(特にハエ)及び動物(ネズミ)の果たす役割についての研究を行っています。

 

薬剤耐性菌対策としてのファージの研究

動物由来薬剤耐性菌対策として、各種ファージの実用化に向けた研究を行っています。
 
海外調査(タイ)の様子