About Us

食品衛生学ユニットは、獣医公衆衛生学教室の一つの教育ユニットとして20084月に誕生しました。
我々人間が健康で生活するために、食品は必要不可欠なものです。食品がヒトに健康被害を加えないことや、食品としての品質を備えていることを保証することが食品衛生の目的となります。従って、ユニットの目的や研究も食品衛生を中心としたものとなっています。
ユニットは教授(田村豊)と准教授(臼井優)により運営されています。主な研究テーマは、薬剤耐性菌の疫学研究で、これまで調査成績の少ない食品や環境(野生動物を含む)、さらには伴侶動物の耐性菌疫学調査を実施し、生態系での耐性菌の循環という視点で、ヒトへの伝播経路の解明に努力しています。さらに、耐性菌の実態解明にとどまらず、耐性菌対策につながるメカニズムの解明に関しての研究も行っています。研究の特徴は、国内外の大学や研究機関との共同研究で進めていることで、海外調査も行っています。卒論研究を通じて、「研究は面白い」と感じる学生が増えることを期待しています。